地図上のフラッグ付近の年数をクリックすると、その国での釣行がご覧いただけます。

SRI LANKA 2018(後編)

← 前編はこちら

  • ジャックフルーツをよく見かけました。個人的にはあまり好きではない。食わず嫌いはよくないので、興味のある人はどーぞ

  • ミネラルウォーター節約のため、背後の林から取ってきた(←いいのか)、なまぬるいココヤシの果汁を飲んでいる図

  • 夕方に釣った38cmのマングローブジャックをホテルに持ち帰って料理してもらった。けっこうなボリュームだったが気合いで完食。旨かったですよ

スリランカに行ってきました

旅程

[Flight]
Osaka/Itami(ITM) x Narita(NRT) — ITM 08:00 - NRT 09:20
Narita(NRT) x Colombo(CMB) — NRT 11:20 - CMB 17:10
Colombo(CMB) x Narita(NRT) — CMB 19:15 - NRT 07:35
Haneda(HND) x Osaka/Itami(ITM) — HND 11:30 - ITM 12:35
*成田〜羽田間はバス移動
*コロンボ発が6時間遅れたので、HND-ITMは別便になりました

今回の旅行もゆえあって詳細は書きません。行き先は内陸の山中の川と汽水湖。内陸の川はTOMO-H氏とTOMO-N氏と同行。その後おふたりは帰国。彼らを空港まで送った後、自分は現地ガイドと汽水湖に向かいました。

コロンボの空港でふたりのTOMOさんと別れた後、南下して汽水湖へと向かいました。宿は湖の畔に立つホテル。部屋から出て歩いて庭を横切ると、小さな船着き場があり、そこでガイドのボートにピックアップしてもらい釣りに行くというスタイル。

早朝3時頃から鳥が鳴き始める。6時前になるとけっこう賑やかになり、それがアラームがわりとなる。朝食を取ってから釣りに出かけるのですが、ここの食事はやや熱帯時間(←フツーに遅刻という意味)。ちなみにガイド氏も少し熱帯時間。お前なあ…と言うとすまなそうに「ごめん、ちょっと調子が悪いんだ」と。たしかにちょっとしんどそうだけど…。
この汽水湖、まわりには住宅や寺院や道路やら、人造物がいろいろあるので、かなり奥の川とかに入らないかぎり秘境感は薄い。まずはヨソの家の船着き場近くでロウニンアジの子供(以下MT)。次にマングローブジャック(以下MJ)。そして40cm級のMJも出ました。さらにレディフィッシュ(カライワシ)も。そして細い水路状の場所では小さなライズリングが多数。ミノーペンシルを投入すると、小型のインドパシフィック・ターポンが何度もアタックしてくる。さらに進むとフェザーバックのライズ多発地帯。晴天の正午前なので当然ルアーへの反応はない。そこでふと思いつき、ソフトベイトのジグヘッドリグを投入。底まで沈め軽く2度ほどティップを跳ね上げ、前方にカーブフォールというアクションをくり返す。すると数投目にアタリ。これはノリませんでしたが、イケるやん、この方法。そしてさらに数投後、今度はしっかりフックアップ。この魚、以前マレーシアでけっこう釣ってるので、引きは期待しませんでしたが、スランゴール郊外の野池のヤツらよりはマシ。フッキング直後は横走りもしたし、ジャンプもしたし、船縁では特徴的なタチウオ系バックも見せてくれました。夕方が近くなり、そろそろ本気でバラを狙うか…と思っていたら、急に空模様が怪しくなってきました。風が巻き始め、稲妻と雷鳴が…。ガイドが「撤収!」と一言。そして急いで宿に戻る途中にエンジンがオーバーヒート。なんと荒天の下で立ち往生。この日はバラはまったく釣れず、フェザーバックの後もMJやMTばかり。でもけっこう楽しむことができました。

2日目は朝からガイドの「いちおしポイント」へ。ここ昨日も全然ダメだったんよなあ、気配もなかったし。やはりこの朝もダメ。で、いろんなポイントをチェックしながら移動。とあるスイレンがまばらなエリアでの数投目、不意に「来るぞ」という直感がはたらきました。ルアーを2度ダートさせた直後、茶クリアの水中に右から左に鈍い反射光が閃き、横殴りのアタリがきました。フェザーバックもうろついている場所でしたが、この感触はヤツではない。数度の横走りのあと、魚が浮上。やっぱりバラだ。プロトロッドは魚の引きに対し、完全に余裕をみせている。エラ洗い2度と派手な跳躍1度のあと、ネットに誘導して無事ランディング。いいサイズだ!とガイドが言う。「これがゴールデン・バラか?」「いや、こいつはシルバーだ。この湖には2種類いるんだ」「そうか、ちょっと金色っぽいけど違うのか?」「いやゴールデンではない。ゴールデン・バラが釣れたらまた説明する。次はそっちが釣れるのを願ってるよ」「よし、次は金色やな」
…なんて言ってたら、別の場所でホントに金色の方が釣れたのだ。水面から頭を出している棒杭の脇でダートさせた瞬間、いい感じのひったくりアタリがあり、1本目より少し小振りですが、十分悪くないサイズのバラが釣れました。「コイツはゴールデンだ。よく見ろ」「うーん、たいした差はないと思うが、多少コイツのほうが金色が濃いな。1本目のもベトナムで釣ったバラに較べると、かなり金色っぽかった。シルバーとゴールデンだけでなく、ハイブリッドとかはいないのか?」「知らん…」。その後45cm程度の小型バラが、1度のリトリーブに3度の食い損ね。お子ちゃまだからもういい…とポイント移動。この日は他に良型のMJを数本追加し、さあこれから夕方のいい時間帯…というところで、またしても天候悪化。そして逃げ帰る途中にまたしてもオーバーヒート。宿に戻ってから、夕食前にガイドのスクーターに2ケツで、彼の家に遊びに行く。どうやらルアーのコレクションを見せたかったらしい。バラ用の他GT用ルアーもけっこうあった。

最終日の朝、対岸のモスクがやけに賑やかだ。歓声が上がり火と煙が見えるし、カラスが群れて騒いでいる。何の騒ぎだ?とガイドに尋ねると「あれはムスリムが集まって、ウシの首を刀で切り落として、解体して料理して騒ぎながら食べてるんだ」という。撮影に行きたいと言うと、すかさず「NO!!」と断られました。そこからはムスリムによる仏教徒殺害の話や、宗教テロの話が延々と続き、宗教間対立の根の深さを感じました。自分はマレーシアやスマトラ島ではムスリムの人たちに世話になっているし、偏見もありませんが、ところ変われば事情はかなり異なるようです。それに一言でムスリムといっても、大別されるシーア派、スンニ派の中にもまたいろんな「派」があるわけで…。反論も異論も唱えず、とりあえずふんふんそうなのか…とガイドの話を聞くにとどめました。この日は昼食後すぐに宿を出て空港に向かうことになっていたので、釣りは10:30まで。19時のフライトなのになんで13時に出発?と尋ねると、休日のため異様な渋滞が想定されるからだという。そういや空港からここに来る時もとんでもない渋滞にはまったなあ。そんなわけで釣り時間は短いし、奥のほうのいいポイントにもいけないし…で、MJ数匹に終わりました。

空港まではたしかに渋滞はありましたが、想像よりは少しマシで、フライトの4時間前15:00過ぎに着いてしまいました。まあ3時間前になったらチェックインできるだろうと思っていたら、成田行きの便が4時間遅れになるという。さらにはセキュリティ・ゲートすら通れない。「あと1時間経ったら開ける」と2度追い返され、結局通過できたのは19:30。4時間半も荷物とともに空調も十分でないゾーンで待たされました。やっと中に入っても物事はスムースに進むわけではなく、チェックインも長蛇の列。そしてフライト時刻はさらに1時間以上遅れ、結局機が飛んだのは翌日の1時数分前でした。
帰国にもその遅れが反映しましたが、さいわい成田のバゲージコーナーで職員に名前を呼ばれ、羽田〜伊丹間は別便をおさえてあることを告げられ一安心。まあその程度の時間的トラブルだけで、無事帰ってきました

  • けっこうスイレンがエリアがあった。暑い時間帯はこういう日陰や深場に入るという

  • ウィードレスプラグを投げたくなる。近隣の川にはスネイクヘッドが棲息しているので、おそらくここにも…

  • 季節的なものだろうが、夕方はたいてい荒れて夜には雨が降った

  • 汽水湖での1stヒットはこのロウニンアジの子供(MT)。テスト中のTBR-93にて

  • なんということ…。ルアーとほぼ同寸のMTが釣れました。ヤラセではありません

  • なにがどうLADYなのかは知らんがレディフィッシュも釣れました。見た目よりはるかに引きます

  • フェザーバックも出た。実は移入種ということだ。汽水湖では塩分濃度の低いエリアに多いという

  • 陽も高くプラグに反応しなかったので、ソフトベイトのジグヘッドリグを投入。数投で反応アリ

  • この汽水湖のパウンド・フォー・パウンドはマングローブジャック(MJ)。スイレンでも岩盤エリアでも釣れた

  • 1stバラ。スイレンがまばらに生えるエリアでルアーを引ったくった。アタック前に姿は見えずとも予感があった

  • けっこういいサイズだ。引きもよかった。やっぱりバラってカッコいい魚やなあ…

  • 2ndバラ。角度のせいかかなり金色っぽい。この魚もミノーのダートで食ってきた

  • 撮りようによってはこちらの方が銀色っぽいが、ガイドが言うには、こちらがゴールデン・バラ。よくわからん…

  • STX-58#4が少し開いている。たかが40cmちょいのMJの力技である。スナッパー類は剛力の持ち主なのだ

  • 汽水湖で魚を釣れてきたルアーたち。あ、LIVE WIREとB-FREEZE 78が写ってない

生物など

  • Purple-faced Langurことムラサキガオラングール。スリランカには他種もいるようだが、ここではこの種が多い

  • Indian Foxbatことインドオオコウモリ。数本の大木にこのように群れていました。近寄ると面倒臭そうに飛び立つ

  • この汽水湖の食物連鎖の頂点はクロコダイル。数頭見かけたが、最も大きいものは全長4m近くありました

  • Brahminy Kite。シロガシラトビという。最も多く見かけた猛禽類がコレ。他にシロハラウミワシも数度目撃

  • ボートの後方でアジサシの群れが乱舞することがあった。これはその中の1羽

  • 薄ら禿げかつ薄汚れたペリカンやなあ…と思いつつ眺めていたが、これがSpot-billed Pericanことホシバシペリカンの本来の姿。老体でも不潔でもない

  • 東南アジアの湖沼でよく見かけるアジアセイケイ。この汽水湖にもけっこういました

  • 夕方にはけっこう蚊が出る。暗褐色で縞があり、日本のアカイエカよりひとまわり大きい

その他

  • 海外旅行時には箸を携行しています。魚をほぐすにはやっぱり箸。忘れた時は枯れ枝をナイフで削って作ったり…

  • 味は濃いめでスパイシーだが、食べ物は基本的に口に合った。これは汽水湖に面したレストランでの昼食風景

  • 汽水湖ではないがKTGの路上でナゾの緑色の液体を飲む2名。滋養にいいというがおいしくはなかった

  • 乗用車+トラック+バス+バイク+トゥクトゥクの渋滞。空港〜汽水湖間は往復ともに渋滞に巻き込まれました

  • モスクの一件。湖上から望遠レンズを伸ばしても、これが限界。日陰なのと煙によって何が行われているかはよく見えない。たしかに動物質の匂いはしたし、人もカラスもにぎやかでした

今回の汽水湖釣行は、山間部の川だけではモノ足りなく「せっかくスリランカまで行くんやからバラもついでに…」という新家の希望を元に、フリーライドアングラーズさんが交渉してくれました。航空券等のいっさいもフリーライドアングラーズさんにお願いしました。
Special thanx to Nimantha-san(guide) and his family, Tomo H-san(FRA)

Main Camera:EOS50D+EF-S 18-200mm
Sub Camera:TG5(Olympus)
Sun Glass:WALZ Lens Color:TVS(Zeal Optics), CEREBRO Lens Color:TVS(Zeal Optics)

Tackles

[For Barramundi-1]
Rod:RAW DEALER R703RS2 THE CROSSFIRE BSV(Whiplash)
Reel:18 RYOGA 1016H(Daiwa) + PE#2 + Leader
Lure:THUNDERBUCK RAM 107SP(Whiplash), THUNDERBUCK RAM 93SP-test(Whiplash)
[For Barramundi-2]
Rod:RAW DEALER EXTREME EDITION REX○△▽M△X THE ○△A▽◇▽△○ F※○□△-test(Whiplash)
Reel:RYOGA 2020H w/2014 Spool(Daiwa) + PE#3 + Leader
Lure:THUNDERBUCK RAM 107SP(Whiplash)
[For Featherback&Other Small Fish-1]
Rod:RAW DEALER KAIKEN RK607ML-S3 THE SNEAKING IZUNA(Whiplash)
Reel:10 CERTATE 2500 w/2510PE-H Spool + PE#1.2 + Leader
Lure:LIVE WIRE(Whiplash), B-FREEZE 65SP(Lucky Craft), B-FREEZE 78SP(Lucky Craft), JACO-BEE(Valley Hill)+JIGHEAD

*参考までに

受託手荷物総重量 ローリングサンダー 80L(North Face):約19kg, ロッドケースAIR(Nature Boys):約4kg

*今回のスリランカ航空の受託手荷物制限は余裕の30kgでした。

今回の昆虫ならびに節足動物による被害

特になし。夕方をすぎると蚊はけっこういたし、ホテルの部屋にも少し入ってきましたが、さいわい2箇所程度しか刺されませんでした。

今回のその他のトラブル

汽水湖では特にありませんでした。毎夕ボートのエンジンがオーバーヒートするぐらい…。