• 月刊Whiplash
  • PHOTO CORNER
  • SOUND CORNER

SOUND CORNERvol.100

『SEND THEM ALL TO HELL』
PANZER

SEND THEM ALL TO HELL / PANZER

ACCEPTのハーマン・フランクとステファン・シュヴァルツマンにDESTRUCTIONのシュミーアが合流したというだけで、スラッシュ寄りの硬派パワーメタルを予感するが、まさにこのアルバムはそんな感じで、その種の期待を裏切らないどころか110%満たしてくれる。ACCEPTでは制約も多いはずのハーマン・フランクが弾きたおす「いかにもメタル」なギターと、あれほど特徴的であるのに意外なほどDESTRUCTIONぽく聴こえないシュミーアのVoと、ACCEPTより激しく叩きこんでいるシュヴァルツマンのドラムが、単なるACCEPT+DESTRUCTIONではないケミストリーを生み出している。2014年最後に剛毅で劇的で爽快なのが出た。

最近の愛聴曲

  • AMERICAN IDIOT / GREEN DAY『AMERICAN IDIOT』
    *前にも触れたがAMERICANをJAPANESEにかえて…。
  • 全曲『ROCK OR BUST』 / AC/DC『ROCK OR BUST』
    *『BLACK ICE』で最後かと思ってたら、AC/DCは裏切ってくれた。不変のAC/DC流儀のR&R。シンプルだがフック満載、飾ってはいないが練り込まれている。これはジャンルの違う自分(つまり音楽以外という意味)も大いに手本にすべことだ。そしてここには、過剰に漲ってはいないが存分に伝わってくるパワーがある。いい意味での「枯れ」はあるが「涸れ」てはいない。ガキにはわからないかもしれないが、自分は『BLACK ICE』以上にAC/DCの本質を感じる。潔い。自分が購入したのは輸入盤だが、インナーのマルコム&アンガス兄弟のギターが寄り添うカットに、バンドの来し方を思いじんとくる。モノトーンのブックレットもイイ感じだ。
  • 全曲『ONE MORE FROM THE ROAD』 / LYNYRD SKYNYRD『ONE MORE FROM THE ROAD』
    *「SIMPLE MAN」や「TUESDAY'S GONE」、そして「FREE BIRD」がやたらとしみる今日この頃。これはまたよくない前兆かも…。
  • A NIGHT IN THE LIFE OF A BLUES SINGER / THIN LIZZY『BBC RADIO ONE LIVE IN CONCERT』