• 月刊Whiplash
  • PHOTO CORNER
  • SOUND CORNER

SOUND CORNERvol.88

『CURSE&CHAPTER』
HELL

CURSE&CHAPTER / HELL

前作『HUMAN REMAINS』は個人的に2011年のベストアルバムでした。そしてこの2ndも素晴らしい出来。こちらも2013年のベストアルバムの1枚。80年代のブリティッシュメタルを現在にアップデートさせた音楽性は、ある意味新鮮でもある。ヒネリの効いたリフがあり展開も多いが、そこには無理や強引さは感じられず、心地よくノレるのだ。そしてなんと言っても、本業は舞台俳優というVoが効いている。このシアトリカルな歌唱が、バンドの独自性をさらなる高みに押し上げているのだ。GREAT!! 祈、来日。

最近の愛聴曲

  • 全曲『CHEMISTRY OF CONSCIOUSNESS』 / TOXIC HOLOCAUST『CHEMISTRY OF CONSCIOUSNESS』
    *スラッシュ・メタルパンク。DISCHARGEなどのハードコア系の突進力がメタルリフを突き動かして疾駆する。でもデスやブラックの疾走とは異なり、根底にはR&Rが流れているのが聴き取れる。生々しい音も楽曲とマッチ。痛快なASS KICKIN'な1枚!
  • 全曲『AVATARIUM』 / AVATARIUM『AVATARIUM』
    *継続的に愛聴。まったく飽きないね。
  • LIGHTS / JOURNEY『INFINITY』