• 月刊Whiplash
  • PHOTO CORNER
  • SOUND CORNER

SOUND CORNERvol.79

SOUND SELECT
DIRTY DYNAMITE / KROKUS

ジジイになってもSEX SONG、ジジイになってもROCK 'N' ROLL、時に悲しきバラッドも…。前作『HOODOO』を引き継ぐカタチのKROKUSの新作。名作『HEAD HUNTER』の若さや疾走感はないし、前作よりもさらに枯れた気もするが、カッコよく年とったオヤジたちの醸造するコクがシブイ。AC/DCに近いモノがあるが、やはり要所要所に独自の枯れ感と欧州風味が漂う。歌詞のDIRTY DYNAMITEはオネーチャンなので大歓迎だが、封入アートワークのDIRTY DYNAMITEはサイアクである。たしかにソレもDIRTY DYNAMITEに違いない。シャレは効いてるけどね(笑)。国内盤が出てもこのアートワークは付属するのだろうか…。
DIRTY DYNAMITE / KROKUS