• 月刊Whiplash
  • PHOTO CORNER
  • SOUND CORNER

SOUND CORNERvol.74

SOUND SELECT
LIVE AT WOODSTOCK / JIMI HENDRIX

故ゲイリー・ムーア師の『BLUES FOR JIMI』を聴いた。もちろん滅法上手いし、JIMI愛に溢れているし、それはそれでいい作品だったと思う。しかし、ゲイリー・ムーア師の演奏を聴きつつ、それに並行して脳内で流れているのは本家ジミ・ヘンドリクスのバージョンだ。しかも、そちらのほうがボリュームが大きくなったりする。で、『BLUES FOR JIMI』を聴き終えた後に、あらためてこの『LIVE AT WOODSTOCK』に聴いてみる。いや、やはりジミは凄い。上手いだとか何だとかをはるかに超越して凄いとしか言いようがない。音だけなのに、指板の上でこねくりまわすかのように動く指が見える気がする。そしてあの恍惚の表情が見える気がする。音の向こうにジミ・ヘンドリクスの存在が透けて見えるほどである。強烈だ。
LIVE AT WOODSTOCK / JIMI HENDRIX