• 月刊Whiplash
  • PHOTO CORNER
  • SOUND CORNER

SOUND CORNERvol.67

SOUND SELECT
BLOOD FOR THE MASTER / GOATWHORE

敬虔な方々の「断じて許さぬ!」という激怒を買うこと必至。バンド名からアートワークから歌詞からサウンドに至るまで、その背徳性は惜しみなく溢れ出ている。どうジャンル分けされるのかは知らないが、もしこれがブラックメタルであるというなら、現在の意味におけるそれでなく、あのVENOMの『BLACK METAL』の血を引くそれであるといったほうが的を射ているかもしれない。スラッシュやブラックメタルを通過しつつも、根底には明らかにR&Rのグルーヴが流れていて、切り刻み粉砕するタイプのメタルとは一線を画している。その意味でも、進化し狂暴化し先鋭化したVENOMという表現をしても、あながちハズレではないと思う。この手の音楽のわりに意外に聴きやすいのは、根底に流れるR&Rのグルーヴと、しっかり聞き取れる歌詞のせいかもしれない。
BLOOD FOR THE MASTER / GOATWHORE