• 月刊Whiplash
  • PHOTO CORNER
  • SOUND CORNER

SOUND CORNERvol.64

SOUND SELECT
GISELE DE SANTI / GISELE DE SANTI

車のCDプレイヤーを修理せなあかんのにほったらかしたままにしてるので、運転中はずっとラジオばかり。で、比較的洋楽のかかる比率の高い「FM COCORO」をつけていることが多いのですが、ある日ふと流れてきたポルトガル語の女性Voに耳がえらく反応しました。DJが告げたアーティスト名が聞き取りにくかったので、ウロ覚えのまま帰宅後に局のHPから調べてみると、GISELE DE SANTI(ジゼリ・ヂ・サンチ)であることがわかりました。音源は12/7発売ということだったので、たまにはこういうのもイイかなと思って買ってみました。
自分にわかる範囲でも、ボサ・ノヴァやモダン・ジャズやサンバの要素がありますが、どういったらいいのだろう…洗練されたブラジリアン・ポピュラーミュージックといえばいいのかな(←そのままだ…苦笑)。心地よいメロディと歌声はいつ聴いてもほっとします。デビュー作ということで、いわば原石なのだろうが、瑞々しさと同時に風格すら漂う歌唱が素晴らしい。音を詰め込みすぎずに、適度に空間のある楽曲アレンジにも、本人のみならず、楽器隊やプロデューサーのセンスの良さを感じます。
自分としては、歌詞のみならず対訳もつけてほしかったなあ。ざっと眺めたところ、難しい言い回しはなく、自分にもわかる詞や言葉がちらほら見受けられたので、ポルトガル語辞典で訳しながら聴くとするか…。
GISELE DE SANTI / GISELE DE SANTI