• 月刊Whiplash
  • PHOTO CORNER
  • SOUND CORNER

SOUND CORNERvol.39

SOUND SELECT
TIL' DEATH DO US PARTY / CRUCIFIED BARBARA

ハードエッジというかメタルエッジの痛快なR&Rをかましてくれる、オネーチャン4人組のニューアルバム。前作は断片的にしか聴いてないので、比較するのはどうかとも思いますが、圧倒的にグレードアップした感じです。R&Rのルーズさよりもメタル的な整合感が打ち出されていますが、ベースにあるのは荒々しいR&R。しかし、Voはダミでもデスでもグロウルでもない女声なので、その組み合わせがミョーにハマります。アタマのほうのゴリッと押してくる楽曲もイイですが、すすり泣きからブチ切れるのも男にはマネのできない芸当だし、メタルバンドのそれとは触感の違うバラッドも個性的。
TIL' DEATH DO US PARTY / CRUCIFIED BARBARA