• 月刊Whiplash
  • PHOTO CORNER
  • SOUND CORNER

SOUND CORNERvol.38

SOUND SELECT
GOD&GUNS / LYNYRD SKYNYRD

数々の悲劇を乗り越えて続いてきたバンドの典型ともいえるレーナード・スキナードの新作。今風の重厚な音に仕上がっているので「こんなのレーナードではない」という人もいるかもしれないが、自分は「今を生きるレーナード・スキナード」と解釈します。全面にサザン・スピリットとでもいうべきモノが流れているし、ジョニー・ヴァン・ザントの声は大きな地面を想起させます。ゆったりのれる大きなロックです。
GOD&GUNS / LYNYRD SKYNYRD

 

SUGOI INDEED / ELECTRIC EEL SHOCK

ミュージシャンがアルバム制作にあたり出資者を募集する音楽サイトに登録したら、わずか54日(史上2番目!)で規定に達し、曲が足りないので慌てて書いたんですわという話はG&Voの森本君自身から聞いていました。生々しく、即効的で、路地に足をつけた、ごった煮型のR&Rがたっぷり詰まったアルバムです。時にモロにメタル、パンクやその他からのエッセンスも感じ取れるが、それがどうしたというわけではなく、より根源的な部分でスジの通ったR&R。潤沢な資金や企業的組織力に頼らない国内外(特に国外での活動は驚異的!)の活動にも大いに共感を覚えます。それとどんなことがあっても付け加えておきたいのは、このバンドは絶対にライヴを観るべきだということ。アルバムでは見えてこない、メンバーの3者3様の個性が炸裂するからです。先日のライヴを観て、今回のアルバムを聴いて予感したね。「こいつらついにブレイクするぞ!」と。
*ジュエルケースからCDを取り出した瞬間に「やられた!」という気分になりますよ(笑)。
SUGOI INDEED / ELECTRIC EEL SHOCK