• 月刊Whiplash
  • PHOTO CORNER
  • SOUND CORNER

SOUND CORNERvol.37

SOUND SELECT
ARETRIBUTION / SHADOWS FALL

前作『THREADS OF LIFE』もけっこう気に入って聴いていたのですが、今回の『RETRIBUTION』でまたひとつ成熟したかのような印象のあるSHADOWS FALL。ハードコア由来の激しさとメタル由来の扇情的なメロディのせめぎあいはさらにレベルアップ。これでVoがもっと成長したら…ということは、バンドのコアなファンを除いて、多くのリスナーが思っているだろう。もちろん悪くはないのだが、もっと成長するとさらに高みに上ることができるはず。
ボートラの「BARK AT THE MOON」ではジェイク調のチュルチュル・キュルキュルしたギターソロがほしかったなあ。FRAの逸材K氏はオジーの歴代ギタリストではジェイク・E・リーが一番お好きだとのこと。ワシはランディ・ローズ派だがね。
AGONY OF DEATH / HOLY MOSES