• 月刊Whiplash
  • PHOTO CORNER
  • SOUND CORNER

SOUND CORNERvol.33

SOUND SELECT
THE DEVIL YOU KNOW / HEAVEN AND HELL

あのラインナップによる復帰後のフルアルバムは、アイオミ師以外には生み出せない独特の重いリフを中心に据えた、時に息が詰まりそうなアルバム。アンサンブル形態は基本的にシンプルだし、適度に音の隙間があるのに息が詰まりそうというのが、SABBATH印。アイオミ師の独特のリフワークを中心に、バトラー師の特徴的なベースライン、曲を引き締めるアピス師のパワーショットが楽曲を構築。そのうえでしっかり歌い込まれる、抜群の説得力のロニー翁の歌唱は、年齢を考慮すると驚異であるどころか、奇跡的といってもいいだろう。さすがに全盛期の艶はないが、その枯れ具合は様式美時代よりはるかに荒涼とした今の音像に噛み合っている。要所要所のアイオミ師のソロも琴線に触れるものだ。リフが深い闇ならソロはその隙間から差し込む光である。これは現代という時代のダークサイドを反映した、今を生きるBLACK SABBATHの姿だ。えらくまじめに評論してしまったような…。
DEATH MAGNETIC / METALLICA