• 月刊Whiplash
  • PHOTO CORNER
  • SOUND CORNER

SOUND CORNERvol.30

SOUND SELECT
RIDE THE LIGHTNING / METALLICA

たしかに『MASTER OF PUPPETS』のほうが名作度は高いだろうが、個人的にはMETALLICAといえばコレ。荒涼とした精神風景ともいわれた歌詞世界、暗く激しいリフまたリフ。瑞々しいギターソロ。この頃のMETALLICAは音楽形態こそ違えども、初期のBLACK SABBATH的であったと思う。今でも「RIDE THE LIGHTNING」や「CREEPING DEATH」のリフは脳に焼きついているし、よく口をついて出るのは「FOR WHOM THE BELL TOLLS」の一節、「Take a look to the sky just before you die. It is the last time he will」。ふと思う。死ぬ間際、意識があれば、きっと俺はこの一節を呟くだろうと。
EXODUSが完全復活し以前よりも獰猛性を高め、TESTAMENTにはアレックスが復帰してパワーアップ、ANTHRAXも新たなVoを迎えてTHRASHな新作を…という「今」だが、METALLICAはもう同じ土俵に帰ってくることはない。
CHINESE DEMOCRACY / GUNS N' ROSES