• 月刊Whiplash
  • PHOTO CORNER
  • SOUND CORNER

SOUND CORNERvol.29

SOUND SELECT
THE DREAM / IN THIS MOMENT

前作に比べぐっとメロウパートも増え、メロディアスになったアルバム。その分、狂暴化する「THE GREAT DIVIDE」が強烈に響く。Tattooedマリア(BLOOD MESSAGEには「SKULL MARIA」というデザインがありましたね)の表現力アップと楽曲の向上が、総合的なレベルアップにつながっています。意外に派手めのギターソロもメタルらしくてイイと思います。
THE DREAM / IN THIS MOMENT

 

LET THERE BE BLOOD / EXODUS

音像が悪いことで有名だった1stアルバム『BONDED BY BLOOD』が、今のEXODUSのプレイと現代の音像で復活。ヘヴィな音像の中で刻まれるリフはやはり逸品。ゲイリー・ホルトは素晴らしい。ポール・バーロフのブッ飛んだインテンスさには及ばないが、ロヴ・デュークスも大健闘。クレジットを見るとDrはトム・ハンティング。あの『THE ATROCITY EXHIBITION EXHIBIT A』でも、これぐらいヘヴィに演ってくれたらよかったのに。『SHOVEL HEADED~』のポール・ボスタフの後なので、余計に軽く聴こえたもんな。とにかく現在でも血が沸騰するTHRASH METAL。若いモンが束になってかかっても、一瞬で蹂躙されること間違いなし。
LET THERE BE BLOOD / EXODUS