• 月刊Whiplash
  • PHOTO CORNER
  • SOUND CORNER

SOUND CORNERvol.21

SOUND SELECT
THE FORMATION OF DOMNATION / TESTAMENT

 オープニングのインストから期待が膨らみ、
続く「MORE THAN MEETS THE EYE」で各パートがぶつかりあうTESTAMENTスタイルのヘヴィスラッシュに展開。起爆剤となっているのは、やはりポール・ボスタフのドラムワーク。それに復帰したアレックス・スコルニックとエリック・ピーターソンの卓越したリフとメロディが絡む。

Voも吠え過ぎず野太い歌唱を中心とし、ベースのグルーヴ感も◎。ベイエリアスラッシュがどうのという以前に、ダークでヘヴィでインテンスでメロディックなHMとして、実に高い完成度を見せている。




HALL bee QUIET e.p. / The JFK


  元TYPHOON24のSENSHO1500君の新バンドの3曲入りCD。シャッフルとツインギターの絡みはどこかTHINLIZZYを思わせる部分も。また時にZEP調だったりもして、音楽的バックグラウンドを匂わせる。枯れ味はないが、渋みのあるHRともいえる。今後の展開が楽しみだね。頑張って!