• 月刊Whiplash
  • PHOTO CORNER
  • SOUND CORNER

SOUND CORNERvol.17

SOUND SELECT
THE JESTER RACE / IN FLAMES

 未だにIN FLAMESといえばこのアルバムを挙げてしまう。SENTENCEDといえば『AMOK』を挙げるわけではないのだが、IN FLAMESの場合は『THE JESTER RACE』が依然として一番のお気に入り(一番出来がよいという意味ではない)なのだ。

 当時からIN FLAMESはコアなデスメタルではなかった。叙情的なメロディが配され、激しい中にも「哀」の部分がちらつき、その表裏一体感がIN FLAMESらしさを明示していた。デス系なのにワルツのリズムが導入されているのも、アイデンティティーを高めている一因だろう。特に当時のIN FLAMESらしさが凝縮された「MOONSHIELD」は名曲だと思う。

ページトップ↑