• 月刊Whiplash
  • PHOTO CORNER
  • SOUND CORNER

SOUND CORNERvol.14

SOUND SELECT
RISE OF THE TYRANT / ARCH ENEMY

 蹴散らし、噛みついてまわるようなブルータリティと、極めて叙情的なGソロパート。インテンスなのにメロディックでビシッと整合感のある傑作。最近の2作より『WAGES OF SIN』や『BURNING BRIDGES』に近いものを感じる。

 Voが歌い上げるタイプなら、いわゆるパワーメタルに分類されてもおかしくない。
しかし、そうならないのARCHENEMY。エクストリームである源泉的な部分は、やはりアンジェラのデス系Vo。グロウルのみならず表現に多様性は出てきているものの、その基本的性質が獰猛であることに変わりはない。
個人的には前出の2作と並んで、いや少しそれらをしのいで最高傑作と称したい。

ページトップ↑