• 月刊Whiplash
  • PHOTO CORNER
  • SOUND CORNER

SOUND CORNERvol.5

SOUND SELECT
THE DIALIST / DARK LUNACY

 2006年末最後に買ったアルバム。背景は第2次大戦のレニングラード。題材には、そのレニングラード包囲戦下で、実在の女性が綴った日記が使われている。きわめてシリアスなストーリーアルバムだ。
  ジャンルとしてはデスメタルになるのだろうが、それはメインの歌唱だけの話であり、時にアグレッシヴで、時にメランコリック、エモーショナルでダイナミックでメロディックなヘヴィメタルである。『BURRN!』誌を読んでいて気にかかったので買ってみたのだが、これは素晴らしかった。ハードロックやヘヴィメタルにおいては、ただグロな歌詞や、ただエロな歌詞、むやみに戦闘的な歌詞をはじめ、歌詞の存在意味の希薄なものも多いが、これはまったく違う。俺が行った店には輸入盤しかなかったので、それを購入したが、英語の苦手な人(俺もそんなに得意じゃないが)は対訳付の日本盤を購入して、歌詞の描く情景を思い浮かべつつ聴くことをお勧めしたい。しっかり対峙して聴き込まないと、ミュージシャンに失礼なほどのアルバムだ。

ページトップ↑