• 月刊Whiplash
  • PHOTO CORNER
  • SOUND CORNER

SOUND CORNERvol.155

『HUMANICIDE』
DEATH ANGEL

HUMANICIDE / DEATH ANGEL

羊狼が復活したジャケットからしても、1枚通り越して『REPENTLESS REVOLUTION』『THE DREAM CALLS FOR BLOOD』の続編という意味だろう。たしかに『THE EVIL DVIDE』との関連性は希薄な気がするし、『REPENTLESS〜』『THE DREAM〜』の2作とはリンクする。つまるところ三姉妹アルバムなわけだ。徹頭徹尾スラッシュというわけではなく、R&Rやパンクやファンクがふと漂い、それらはアグレッションや緊迫感を断ち切ることなく、いい意味での多様性につながっている。ところでオオカミたちはShepherd(T-2に出てくる)の羊を食い殺し、その残骸を頭に載せて走ってるのだろうか?その意味をもたせた設定なのか?…と少し深読み。

最近の愛聴曲

  • 全曲『ACT III』 / DEATH ANGEL
  • 全曲『ART OF DYING』 / DEATH ANGEL
  • 全曲『KILLING SEASON』 / DEATH ANGEL
    *元Bのデニスさんはもう音楽シーンには戻らないのかな?もしアメリカに行くことがあれば「一緒に釣りでも…」と声をかけてみようと思う。
  • RIDE THE LIGHTNING(Live, Day On The Green) / METALLICA
  • FOR WHOM THE BELL TOLLS(Live, Day On The Green) / METALLICA
  • CREEPING DEATH(Live, Day On The Green) / METALLICA
    *自分の最も好きなMETALLICAはこの時代の彼ら。モンスターバンドになる前の最もギラついていた時代。故クリフ・バートンの異様なまでの強烈さ…。今さらながら惜しい人が亡くなったものだと痛感。あのニュースを聴いたのは六甲山系でひとっ走りした後、ツナギを脱いで休憩していた時だった。走り屋仲間がNSR400で上がってきて、「ラジオで言ってたんですけど、クリフ・バートンがツアー中にバスの事故で死んだらしいです」と告げた。瞬間的に「え?」としか言葉が出なかった。その後、彼がさし出した缶コーヒーを無言で飲んだ記憶がある。あらためてR.I.P.
  • 後ろに歩くように俺はできていない / SION『不揃いのステップ』
    *自分も後ろに歩くようにはできていない…と思う。まあ前にばかり歩けるわけではないけど…。