• 月刊Whiplash
  • PHOTO CORNER
  • SOUND CORNER

PHOTO CORNERvol.120

TBR-107、SPモデルのウェイトセッティング完了

最後の最後になってビーズの変更、それに伴う重量変動があり、SPモデルのみウェイトセッティングが遅れていました。正規のビーズを入れて、さらにウェイトボールの配列を変えた2モデルを作成。そして7月末の夕方、Aダムでのアクションテストでやっとテスト完了。バスも釣れたし「まあコレならOKやろ」というレベルに到達しました。

  • ウェイトボールの配列を変え、ノーズの下向き加減を調整。ウェイトの配列はこうやって腹にすべて書き込みます

  • で、そう遠くないAダムに持ち込んでアクションテスト。この写真を撮った数分後ダート直後にアタリがあり、45cmほどのバスが釣れた

  • やっとこさウェイト配列の決まったTBR。これにてテスト終了。ちゃんとバスも連れてきたので、ビールで祝杯♪

  • これらは今のところ市販予定のないカラー。あれこれ塗って今後の展開を考えています

  • バッタ風のカラーも塗ってみました。来年夏の限定色に(←ウソ)

  • アジサイの葉にのっけてみた。うーん、バッタというよりクサキリやカヤキリなどの細長キリギリス系(笑)

ロッドテストもやってます

3モデル分のテストロッドが上がったので、早速外に持ち出してあれこれチェックしています。

  • 今回も2pcモデルあり。これは長くてけっこうライトなモデル。キレイに曲がりゆっくり確実に魚を寄せるタイプ。イマドキのバスまん向きではなさそう

  • キャストの前に岩盤上でワンカット。リールはベイジギング用の15 CATALINA BJの100SHです

  • マナちゃんが釣れました。70cm弱のいいサイズです。これぐらいの魚をかけるとけっこう曲がりますが、もちろん余裕で寄せることができます

  • こちらもテスト中。RAWのあるモデルの2pcバージョンです。大型ルアーも操作しやすいトルクフルなロッドです

  • これは黒くて長い魚用のテストモデル。あまりヘヴィでなく、キャスタビリティに優れています

またしてもケタバス釣りに

8月下旬、1カカ月ぶりに琵琶湖周辺にケタバス釣りに行ってきました。しかし状況はサイアクでした。大減水、繁殖行動後のボケ、家族連れの水遊びと投網…。少しは釣れましたが、とりあえずは魚の体力回復を待ったほうがよさそうな…。

  • 大きなオスが釣れたが痩せている。これは全長34cm。ウワサの40cmケタバスは本当にいるのか?

  • 顔の婚姻色は薄れ、ところどころ黒ずんだ感じだ。流れを利用したU字で食ったが、追いは鈍かったです

  • 8〜10cmのコアユはよく引っ掛かってきました。これは偶然口の中にフッキング

釣りにかんするモノなど

空いた時間にルアーを作ったり塗ったりして遊んでいました。いや一概に「遊んでいた」とは言えないのだが…

  • なんでまたスピナーベイト?

  • なんだこの色!?

  • プラグまで!?

生き物など

ある暑い日の午後、ちょっと涼もうと思い、三田市の山間部にある水のキレイな溜め池にドライブに行きました(←釣り目的ではない)。すると遊歩道にネコぐらいの大きさの獣が。アライグマでした。そして狭い側溝にも…

  • 駐車スペースから遊歩道に足を入れた瞬間、ネコぐらいの大きさの獣が小走りに逃げて、ふと立ち止まり振り返りました。アライグマでした

  • 狭い側溝でかすかに声がしました。覗き込むと、ぬいぐるみみたいなのがぞろぞろもそもそ…

  • 「おい、お前ら、何してんねん?」と声をかけると振り向きました。今年生まれの子供が4匹

今月の狛犬

今月はいいのに出会えませんでした。