• 月刊Whiplash
  • PHOTO CORNER
  • SOUND CORNER

PHOTO CORNERvol.96

ヌートリアのムービーを追加しました。(2014.09.08)

恒例の黒くて長い…

このところ早起きが苦手で朝イチにポイントに入ることがないワタクシは、仕事が終わってからの夕マヅメ釣行程度しかやってません。池をひとつに絞って実釣1時間程度ですが、出る時には出る。当然出ない時はし〜んと静まりかえってます。

  • 日が西の山に落ちた直後、岸際の薄めの抽水植物内で捕食音。すかさずルアーを投入するとこいつが出た

  • その約10分後、抽水植物のエッジで出た。派手な捕食音もなく、食った後も動かない「居食い」でした

  • さらに7〜8分後、強力な特太こってりさんが出た。これには満足。しかし日没までの完全沈黙は何だったんだ?

お魚釣りにかんするあれこれ

  • つり人社のO氏からいただいた「別冊つり人」タナゴ版。全国区の天然記念物にも配慮されている。バスまんやライギョまんにとっては、タナゴなんて「べいと」でしかないようだが…

  • DVDつき。「お子様の情操教育の一環として〜」というコピーが◎。自分はタナゴを見るのも釣るのも大好きだが、飼う趣味はありません。飼うのはドネコさん1匹で手いっぱい

  • つり人社O氏からのいただきもの第2弾は、津留崎健氏の目ウロコな写真集。写真自体に興味のある人はもちろん、イマドキのおおもの写真やかいぎょ写真にうんざりした方にも…

  • プロップベイトというかバズプラグを作ってみました。基本的にタダ巻き直進ルアーなので、外見に凝らなければ製作は比較的容易だと思います

  • 新たに2個作ってみました。こちらはベリーフックを装着可能にしました。歯のキツイ魚用なので、塗装後のウレタン・ドブ漬けは6回

  • こちらはMIMIXの「JAWS BUZZBAIT」ユキヒョウカラー。東南アジアでは、この手のルアーでスネイクヘッド族を釣るのが一般的なようです

  • さらに2個、まったく別の用途で製作。こちらはボディを110mmと大きく、フロントのデルタバズブレイドを小型のモノにしました。ヒマ人か…?

  • またしても2個、今度は小型魚用に小さめのモノを作ってみました。この小型魚ってのも歯がキツイ種類です

  • ある日、古い箱の中からこんなルアーが出てきました。耳や尾は溶け、ボディも劣化

  • それのフロッグタイプはメルトダウンにより死亡していました。合掌…

  • 上の1個以外はどのみち溶解しそうなので、なんとかカタチが残ってるうちに撮影

  • その箱の別のトレイからはガルシア・フロッグが3体。これも懐かしいルアーです。すぐに足が切れましたね

  • 見た目が好きだったスピニングマウスは一部毛がハゲたりしてるものの健在。フロッグタイプも1個生存してました

生物など

  • 庭に置いていたシイタケの原木から出てきた幼虫は立派なコクワのオスになりました。元々野生なので自然に帰しました

  • ある夕方、河川敷で多数のゴマダラカミキリを目撃。都市部ではもっとも一般的なカミキリです

  • とある人造湖の周回道路で轢かれている黒くて小さなヘビを発見。車を停めてもらい種類の確認に。おそらくシマヘビの黒化型(黒化縦線型?)

  • ビロウドのような独特の光沢があった。そして背中のセンター部のウロコにも特徴があります

  • 喉のあたりの模様がインドコブラみたいだ。遺体は土に還れるようにアスファルト上から移動させました

  • 寄るな!魚が散る。ヌートリアのいる池ではよくある光景です

  • …といっても、また近づいてきた。ガマごしで距離は約3m。ナメとんか?

  • とどめはヌートリア同士のケンカ。後方の優勢な野郎は、この後ワタクシを威嚇しにきました

「後方の優勢な野郎はこの後、ワタクシを威嚇」と書きましたが、その時の様子は、10mほど離れた水面を行ったり来たりしながら、奇妙な鳴き声をあげるというものでした。その声は他のヌートリアに噛みつく直前にも発せられていたものなので、やはり人間に対しても威嚇の意味をもってるんだろうと思います。長いことヌートリア生息域で釣りをしていますが、以前自分の足に噛みつこうと襲ってきたヤツをちょいと蹴飛ばして、軽く踏みつけた(可哀想といわないでください。あの歯で本気で噛まれたらジーンズごと足の肉はこそげ取られます)際に発した「ゥギッ!」という声以外に、なにか発声するのを聞いたのは初めてです。ふと思いついて、泳ぎ去る直前の様子をコンデジで録画しました。一声だけ録音できました。近日公開しようと思っています。 みみっちいウシみたいな声でした。

FROM ECUADOR

エクアドルのキトはメタル者の多い町。あちこちでメタルTシャツに長髪の人を見かけます。そんなキトのメタル者のひとりLEONARDOさんが現地のバンドSOUTHERN CROSSのCD&DVDとロックのファンジンを、現地在住のあゆセンセー経由で送ってくれました。ちょうど1週間で届きました。

  • エクアドルから荷物が届きました。切手のデザインがいかにも外国って感じ

  • 中身はSOUTHERN CROSSのCD&DVDとファンジン。SOUTHERN CROSSは初期のANGRA系。興味のある方は「SOUTHERN CROSS ECUADOR」でチェック。YOU TUBEにもMVがあります

  • ファンジンの最初のページは「エクアドルのロック全景」。時間をみつけて訳してみようと思います

今月の狛犬

今月もいいのには会いませんでした。