• 月刊Whiplash
  • PHOTO CORNER
  • SOUND CORNER

PHOTO CORNERvol.64

WHIPLASH STYLE
セイゴ釣りに行ってきました

「ちょっと前までは70cm級も入ってたんですが、それらが出て行ったみたいでチビばかりなんですけど…」「まあエエやん。ひょっとしたら小マシなのが混じるかもしれんし」ということで大阪南港周辺に行ってきました。たしかにチビはいる。いや「いる」というより「湧いておる」。いきなりからトップで出まくる。1回のリトリーブに6回ぐらい出ることもある。水面下のルアーにはほとんど反応しない。場所を少し変えるも同じ。さらに移動するも同じ。ちょんちょん釣りでも出る。放置プレイでも出る。セイゴだらけである。「もうエエからメバルに行こう」といって出かけた先でもセイゴが出る。「もうエエからアジに行こう」といって移動した場所のみ出なかった。で、アジを釣って遊んでたら、水洟が出るぐらい寒くなってきたし、日付けもかわったので納竿することに。結果?セイゴはいちいち数えてないが20本は余裕で超えました。アタリはその4倍以上。アジは10本ちょっとでした。

75mmのペンシルにセイゴ。こういう小型ペンシルで水面を騒がせると出るわ出るわ。おもろいけど小さい
ルアーの下を行き交いながら飛び出してくるので、背掛かり多発。数匹がチェイスしてくることもしばしば
ルアーのサイズを95mmに上げるも結果は同じ。セイゴちゃんラッシュは止まらない

当日最小セイゴ。こんなチビでも勢いよくトップのルアーを襲撃してくる。根性があるというよりオバカかもね
メバルポイントでもセイゴ。フッキング後にきゅーんと突っ込まないなあと思ったらやっぱり…
アジポイントのみセイゴは不在。ジグヘッドリグを少し沈めて引くとプルッとアタる。同行者にはサバも出た


釣りにかんするモノなど
RYOGA1016HとALPHAS FINESS CUSTOM。前者はバス中心、後者はバスと海外釣行時の小物釣りに使う予定。ありがとうございました
ALPHAS FINESS CUSTOMと自作ロッド。ロッドはダーク系色でシンプルにまとめてみました。けっこう似合ってると自画自賛してます
自作ULベイトロッドにはFujiのSKTSを装着。フォアグリップにはあえて小さすぎないEVA。フォアなしよりもデザインバランスが取れてると思います

Valley Hill・MISSION TACKLEのF氏からランディングネットのプロトをいただきました。ありがとうございました。海でも淡水でもいろんな魚に使います
S.O.B、個人的嗜好でこんなダーク系カラーも作ってみました。一部の人にしかウケそうにないけど…。ブレードは前がシルバー、後ろがブラックです
 


減水池の風景
減水した池の浅場に、小魚を求めて集まったサギの群れ。総数はこの倍以上でした
35換算420mmの望遠で群れを撮ってみた。アオサギにダイサギ、コサギにカルガモがいました
水がなくなったエリアには哺乳類の足跡がいっぱい。それらが描く軌跡は芸術的ですらある

多いのはダイサギとコサギ。鳥が羽ばたくと、水の中にいるコイやフナが驚いて騒ぐ
小型のカムルチーが死んで乾涸びていた。泥の中に潜る習性があるため、意外に生き延びるモノが多い
死魚の大多数はフナ。カラスの処分範囲を超えている。もう少し経つと強烈な腐臭が漂うはず。行政はどうする?


ホアーちんことツメバケイ

実はエクアドル行きの目的のひとつに、ホアーチンことツメバケイを野生状態で見るということもありました。これは小学生の頃から気になっていた鳥で、昔は始祖鳥の生き残り?なんて言われたものです。このホアーちん、幼鳥の頃には翼に鈎爪があるのです。それがどう役に立つかというと…。外敵(オマキザルやハナグマ、マーゲイなどのネコ科や猛禽類が外敵となると思う)に巣(巣は水際の木に作る)が襲われた際には、親鳥はある程度抵抗するものの「こらアカン」となると、飛んで逃げるそうです。で、飛べないヒナは樹上の巣から水中にダイブ。そして水草の隙間などに隠れ、敵がいなくなったら、翼の鈎爪を使って木に登り枝を伝い、元の巣に戻るのです。ちなみに翼の鈎爪はレンカクの仲間にもあるのだとか。ホアーちんは成鳥になっても飛ぶのがヘタで、自分が観察したところ数10mの飛翔はできるものの、その飛び方はバサバサとドンクサく危なっかしいものでした。しかも喧しくギャアギャア鳴きながら飛んだり…。着地というか飛んできて枝等にとまるのもヘタで、失敗して落ちかけるのを数度見かけました。そんなドンクサいホアーちん、すぐに他の捕食動物の餌食になりそうですが、実はクサイので滅多に食われないそうです。自分が聞いたところでは乾燥した牛糞みたいなニオイなのだとか。今回カヌーに同乗したエンドリケ君に「ホアーちんは牛(VACA)の糞(CAGAR:これは動詞で「糞をする」)みたいにクサイのか?」と尋ねたら、笑いながら鼻をつまむマネをしました。興奮するとさらにニオイがパワーアップするらしい。で、肉も当然クサいので食用には適さないそうです。食用にできるのは卵(HUEVO)ぐらいなんだとか。

ユスリカ湖のホアーちんは撮影のため接近するとすぐに木陰に逃げ込む。以前映像で見たトカンチンスのは、撮影隊が近づいても逃げなかったが…
一旦木陰に逃げ込むと、こうしてけっこう余裕をかましてやがる。尾羽の先端の黄色がなかなか鮮やかだ
数10mの飛翔はできるが、飛び方はドンクサイ。消化器官が体重の25%ほどありバサバサと不格好に飛ぶ。枝に止まるのを失敗して落ちかけるのも見た