• 月刊Whiplash
  • PHOTO CORNER
  • SOUND CORNER

PHOTO CORNERvol.61

WHIPLASH STYLE
ひさしぶりにオーナマに行ってきました

シカ道をたどって薮をこいで河原に降下。そしてポイントをチェックしつつ移動。「ここにはきっとついてるやろなあ」という流芯脇の緩流帯で1投目にアタリ。まだ16時なのに。幸先よくあがったのは80cm級のアベ(アベレージ)ナマさん。これは日没前後が期待できるぞ!と喜んだのですが、それっきり期待ほどのことは起こらず。軽い食い損ね1回と同行者のバスばらしのみ。尻すぼみの釣行でした。

まだ明るい時間帯に出たオーナマさん。状況から判断するに、流芯脇の緩流帯 を索餌回遊していたようだ
これぐらいのサイズなら顎をつかんで手持ちできる。皮膚の弱い人はやらないほうがいいと思うけど
当日はけっこうな減水具合。そのためポイントはかなり限定できたのだが…食わんもんは食わん!


なんと今年初のライヒー釣りに行ってきました

ある日の朝、知人から電話があり、近所にいるのにすっかり忘れていたライヒー釣りに一緒に行くことになりました。でも現地で別の知人たちと合流してビールを飲んで雑談していたので、釣り時間はわずかに…。で、池についたのは17時。ボサ際を細かくチェックすると、黒い影がふっと浮上してルアーが消し込まれました。ひさしぶりに見る丸顔ライヒー。その後、他の池でも数発アタリがありましたが、いずれもルアーは浮いたまま。やがて太陽は西に落ちて釣り終了。

やや色黒のライヒーが釣れました。すっかり忘れていてライヒー釣行は今年初。近所にいるのにね…
丸顔です。カムルチーより絶対かわいいですね、ライヒーの方が。暑さのせいか捕食は夕方のほんの短時間に集中
ギザついたライヒーの斑紋。ここはカムルチーのバラ撒き放流を免れてるので、静かにライヒーと遊べます


ひさしぶりに渓流に行ってきました

盆休みに釣り人が押しかけ、片っ端から釣り帰ったせいか、土日のキャンプ客の水遊びのせいか、アマゴの追いはほとんどなし。沢を変えるも状況は似たようなもの。で、最後に入った沢でやっとポツポツ。数こそ少ないものの幅広のアマゴが出てくれて一応満足。この日の最大魚は同行者M氏の尺に少し足りないオスのアマゴ。これはなかなか立派な魚でしたよ。

たいしたサイズではないが、体高があってなかなかカッコいいオスのアマゴ。朱点もキレイだ
もうしばらくするとオスはイカツイ顔になってくるはず。この魚にもほんの少しですが、その徴候が出ています
20cm以上のモノはオスもメスも体高がありました。この沢、エサが豊富なのかな?

アマゴの胃の内容物。オオスジコガネやらコガネムシやらキマワリやらゴミムシダマシやら…甲虫偏食系?
別のアマゴの内容物。甲虫類は同じでヒグラシやらアキアカネやらクダマキモドキやら…たっぷり食ってますね
釣果はともかく、山から落ちてくるこんな小滝を眺めたりしてると、気分がいいものです。つい登りたくなるけど


マタタビの実を収穫してきました

渓流に入った際、林道脇でマタタビが実っていたので少しいただいてきました。マタタビには雄株と雌株があり、実は雌株につきます。黄熟した実があったので試しにそのまま食ってみましたが、おいしくないキウイフルーツといった感じ(実はキウイもマタタビ属)。実の断面は似てますが、おいしくないだけでなく食後にはピリピリした辛味も残りました。同行者にも食わせてみましたが「ピリピリして後口悪いdeath!」と不評。しかし吐き出すほどマズイわけではないので、試してみてはいかが? マタタビ属のサルナシの実はおいしいそうですが、マタタビはそのまま食うのには向いてないようです。

マタタビが実ってたので収穫してきました。こちらのノーマルな実は塩漬けにします
虫コブのできたマタタビの実。こちらはマタタビ酒にする予定。コブはミバエの仲間によるものらしい
ノーマルな実と虫えい(虫コブ)のできた実を比べると、こんなに違います

昨年すごく反応したドネコさんだが、今年はしらっとしている。熟した実の方がいいのだろうか?
頭に載せてもまったく知らん顔である。全然興味ないらしい。おまえ、それでもネコか?
 


金魚釣り?

山岳渓流の帰りに用水路で脱獄金魚釣り(笑)。養殖池等から流出した金魚が、そのあたりの水路に住みついて群れをなしているので、ちょこっと釣ってみました。なんとなくアホらしくもなんとなく楽しいというビミョーな遊び。大のオトナがやるほどのことではないが、大のオトナがやるからこそおもしろおかしいというか…。

普通に釣れるのはシャッドラップGFRみたいなこのタイプ。たまに三ツ尾のものも混じるらしい
こーいうめでたい系色彩のが釣れると当たりクジを引いた気分(笑)
用水路の石組みからタウナギの顔(赤丸内)。次回はひさしぶりにコイツをルアーで釣ったろかと思う


スピナーベイト用ブレード進行中

前回サンプルではブレードのアールが大きく回転抵抗が強すぎたので、再度アール変更を工場に依頼。で、3度目のモデルで回転抵抗、回転角、振動の種類、回転の立ち上がりともにOK。3度目って書いたけど、「これはモロにボツ」という初回サンプルを含めると実は4度目のモデルになります。あとは細部変更中のヘッドが上がれば…。

この写真で見てもわからないが、実際にはブレードの厚みもアールも異なる
こんなふうに同一のヘッド&ワイヤーにセットして比較テストをやります
ダミーヘッドにブレードを置いてみました。ヘッドにも細工が入ります


ライギョ関係もテスト進行中

シーズン終わりになって今年もテストが集中。ロッドやらルアーやら、人目につかない場所で人目につかない時間帯に、こそこそとテスト。ルアーはいずれもいい感じのアクションが出てます。ロッドもなかなかエエんとちゃうかな…と思ってます。でもまだ細部にかんしてあれこれ時間がかかるかも。

色白美人系ライギョがブッシュを突き破って出た。ルアーもロッドもテスト品ながらイイ感じでした
テストモデル_2をぱっくり。日没直前に岸沿いで追い波立てて捕食。ひさしぶりやね、派手な追い波なんて…
長さこそたいしたことないが、こんな寸詰まりのこってりさんも出た。フッキング直後の暴れっぷりはよかった

こいつもえらく寸詰まり。額以降が異様に盛り上がってました。雨後のささ濁りのせいか、体色が薄めでした
お腹まわりもメタボではなく固太りの素晴らしいプロポーション。このままもっと大きくなったらいいね
 


駿河湾に行ってきました

道中は雨と風。港についても空模様は不穏なまま、時にざざっと驟雨をくらう。タチウオの食いもよくなく、暗くなったと同時に沖のサットウポイントへ。海上のうねりは予想よりたいしたことなかったが、ひとりだけ「アカン、アカン、船が沈む~、アカンで~」とビビリまくるセンパイ…。潮が動かず濁りもきつく、サットウも激シブで辛い釣行でした。悪魔のようなセンパイはサットウの身をたっぷり持って帰り、「○○や△△に食わせて失格させたるねん。▽▽にも刺身がおいしいよーいうて食わせたるねん。日頃冷静な○○がオイル流出して焦る顔が目に浮かぶわ…ウヒヒヒ」と喜んでいましたが、ご自身もサットウを食うのは初なので、分量がわからずおそらく失格なさったことでしょう。

空模様も不穏だ。道中も土砂降りをくらったが、海に出ても天気は好転せず、何度か雨が降った
サットウの前にタチもやるが、結果はよくない。数は出ないし、サイズも小さかったし…
小サットウ。エサもついばむ程度だったので、ジグのアクションを思いっきりイレギュラーにして反射で食わせた


今月の狛犬

これは大当たりかも。用事で兵庫県丹波市に行ったついでに北上し、氷上町あたりの神社をいくつか見て回った中に、出雲構え型狛犬を発見。それだけでなく拝殿の側面には虎が張りついていて、その下には龍やら象やらがにょきにょき。小さな神社だけに、思わぬ発見にうれしくなりました。。

鳥居をくぐり内門をくぐった瞬間、目の前に出雲構え型が出現。兵庫県中部にもなるとこのタイプがいるのかな…
小柄で獅子舞顔。剥落したパーツを背に乗せています。氷上町北油良(?)の日吉神社にて
こちらの「阿」も獅子舞顔。兵庫県でこのタイプを見るのは初めてです

拝殿の側面には木彫りの龍や象がにょきにょき。こんなのこれまで見たことがなかった
一番上には虎らしきのがいました。ここではコイツが一番エライのかな
龍も1タイプではない。細面のやら、ずんぐりして顎の強そうなのやら、大口を開けたのやらがいました


生物など

身近なところもまだまだ知らないモノばかりである。ある日の深夜に原型修正の仕事をしていると、左手に何かがとまった感触。ふと見ると、異様に触角の長い昆虫が。で、仕事を一時中断して、デジタル一眼にマクロレンズとコンバーターを組み、ウチの手持ちでできる最大倍率で撮影(アップのモノはトリミングしてあります)。ルーペで見ると翅は4枚。となると双翅目ではなくハチなどの膜翅目? しかし、複眼が小さく顔を上から見るとセミちっくでもあるし、翅のたたみ方がよくある膜翅目のそれとは違う。そして絶対的な特徴は触角の長さ。体長の3.5倍ほどあったもんな。翅が4枚でセミみたいなたたみ方で、複眼が小さくて…とあれこれ調べていくうちにたどりついたのは噛虫目「チャタテムシ」の仲間。ウチの図鑑には該当種はなかったので、ネット上であれこれ検索していると、「クロミャクチャタテ」のオスであることが判明しました。ちなみにチャタテムシ専門に研究しておられる方は、北大にひとりだけいらっしゃるらしい。

ある深夜仕事をしているとヘンな昆虫が飛来。見たことのない虫だったので、一眼にマクロ&コンバーターで撮影
体長は3mm強ぐらい。横面をアップにするとこんな感じ。アップで見るとけっこうキレイなのだ
斜前から。胸部に光沢があり、コブ状に盛り上がっている。この角度が一番カッコいいか…

特筆すべきは触角の長さ。体長の3.5倍はある。飛来した時もこの触角の長さで「何や、コレ?」と思ったのだ
背面をアップにするとこんな感じ。結論はクロミャクチャタテのオス。メスは翅に色がつき透明度が低いらしい
 

渓流ではちょくちょく見かけるサカハチチョウ(夏型)。個人的には裏面の模様が好きです
コムラサキとカナブンがヤナギの樹液を吸っていました。最近コムラサキを見かけることが減りました
ネコは日本猫、イヌは日本犬が◎。紀州犬と思われるが凛々しくもかわいいですね。伯母ケ峰下、山葵谷近くにて