• 月刊Whiplash
  • PHOTO CORNER
  • SOUND CORNER

PHOTO CORNERvol.56

WHIPLASH STYLE
今年初の渓流釣りに行ってきました

型・数ともいまひとつでしたが、ひさしぶりに山の中でいい空気を吸えました。日陰よりも日なたの方が高活性で、食わないまでも追いは多発。今回の収穫は下のニホンカモシカも。

今年の山岳渓流初モノはこのイワナ。小振りだが体高があってなかなかカッコいい体形をしていました
午後から入った別の沢では今年初のアマゴ。きれいな朱点と幅広体形。先行者のせいか、ある地点より下は反応無
枝沢が全部土砂と木で埋まり、本流筋も遡行不可能に。こういう土砂崩れは植林された針葉樹林際で起きている


バス釣りに行ったつもりが…

なんとバスはボーズ。でも外道のモノたちが遊び相手をしてくれました。ヒゲモノは恒例ですが、もう一方はバス釣りの際には対処に困ることも。

瀬脇の崩れた敷石から飛び出してきた65cm超えのマナマズ。このエリアでは他にも釣ったがコイツだけ妙に色黒
背面ばかりか腹まで薄ら黒い。ここらのマナマズはたいてい腹は漫画のタヌキのように白いのだが…
クリークでダブルヒット。たまたまT&CのTシャツを着ていたので、そのロゴをイメージして置いてみました(笑)

困ったヤツだ。瀬の隙間からイイ音とともに出てきやがった。しかも専用タックルでも十分楽しめるサイズだ
置くとコンディションの良さが一層わかる。バスにも強いタックルしか使わないので獲れたが、正直な話、縁の尖った石をかわすのにはヒヤヒヤした
ひさしぶりなので、じっくり顔をのぞきこんでみた。やっぱりライギョはカッコいい。バス釣りの際には御免だが


その釣りにかんするモノなど
瀬脇で何かが反転&引ったくり。同時に強い引きが…。たしかに強いはず。60半ばを軽く超えた大ニゴイでした
バスにフラれたらコイ。せめて魚の引きを味わいたい時の短絡的かつありがたいターゲット。バスよりは強いし…
しばらくの間に4本釣れた。コイツはお腹の模様がキモチ悪い。生息場所のせいか、どの魚も妙に色が濃厚でした


今月の狛犬など

今月は狛犬見物の余裕がなく、新規の神社にはほとんど行けませんでした。ちなみに余裕がないとは…お魚があまりに釣れなくて余裕がない&スケジュールが密で余裕がないということでして…。

針屋さんとの打ち合わせの帰りに社町の木梨神社に。知人の○○に似た平面的な顔の狛さんがいました
こちらは「阿」の後姿。えらくじくんでます。ストレートヘアで垂れ耳、そして団扇尾。顔は小さいが浪速型か
珍さんがニヤつきながら狛犬のケツを撮っている。なにかイイものでもついていたのだろーか…


生物など
沢の対岸にニホンカモシカ発見。撮影中約3分ほど微動だにせず、しばらくこの体勢で固まっていました
やがて安全と認識したのか、のそのそと動き出して、そこらの木に眼下腺による「匂いつけ」行動
こんな足場の悪い急斜面をワケなく登る。でもたまにしくじって、沢に落ちて死んでることもあるようです

沢の斜面でヤマドリの羽を多数発見。肉食獣に食われたのか?周囲には動物の痕跡は発見できず犯人は不明のまま
知人からもらったシイタケの原木。毎日の水やりでシイタケもいい具合になってきた。一般の市販モノより美味だ
爪跡はないがアライグマの後足の跡らしい。5本指だし、ハクビシン?と思ったが、指が長いのでアライだろう

ミツバアケビの花が咲いた。今年はいくつ実がなるかな。普通のアケビと違って花は臭い