• 月刊Whiplash
  • PHOTO CORNER
  • SOUND CORNER

PHOTO CORNERvol.48

WHIPLASH STYLE
久しぶりに渓流に行ってきました

林道は暑くても薮沢の中は涼しいぐらいで、木漏れ日も心地よい。こんな釣りをやってるとライギョ釣りがつくづくイヤになるなあ(笑)。ほとんど人が入ってないとみえて、イワナちゃんたちはルアーにまっしぐら。食わないのもいるけど…。


派手さはないがイワナって美しいなあとつくづく思う。オレンジの斑点が散った個体
ズ太い体のメス。ロッドティップにほとんどルアーがついた状態で食ってきた。まったくスレてなかった
鼻の落ちたオス。ライギョとイワナの共通点はこうやって「立つ」こと


帰りに別の沢でアマゴも。これは朱点が少なめの個体
ヨシノボリのメスがすっかり底の石に化けています
涼しげな佇まいのミヤマカワトンボ。夏の渓流の風物詩のひとつ


車を降りるなりアカウシアブが襲来。色や大きさからスズメバチと間違う人も多いが、羽音も飛び方も全然違う
ヤマカガシの子供。首の薄黄色の紋が鮮やかでかわいい。ここのヤマカガシは親になるとオリーブ系色になる
林道脇の滝。まずはこの上に入ることから始まる。ここからダイレクトに登るのはムリ。まずは山登りで大迂回


テストもかねてあちこちでちょくちょく釣りをやってます

テスト釣行は大雑把な使用感から細々したことまで気を遣います。それ以外の釣りは100%遊びなんやけどね…
テストロッドを使ってない時に出てしまった。太くて重くてよく暴れました
その後テストロッドに持ちかえる前にさらに大きいのが…。置き撮り中に怒ってヘッドバットをくらわせてきた


真夏のクソ暑い昼下がり、流れ込みでカムルチーが避暑中。顔のまわりをフナがさかんに行き来しても無視
半魚人ではなく池に落としたサングラスの救出に成功した雑萌氏。ウキクサにまみれウェーダー内も大量浸水
RAW DEALER系テストロッドでソウギョと遊ぶ新家。ソウギョが暴れると周辺が青臭いニオイにつつまれる


やや細いが均整はとれている。4年ほどほったらかしておいたのだが、大きくなっていなかった
けっこう引いたが、その程度ではテストにならん。もっとデカくて強いのはおらんのか…
もう1本追加。こちらもドラグは突破したがほどなく制圧


コウヘイ君にもソウギョ。サイズのわりにかなり派手に抵抗していました
カヨコさんにも。新家の以外は沈めたパンで釣れました
工場からNOIZE ADDICTのカラーサンプルが届きました。完成がやっと見えてきました


今月の狛犬など

奈良県東吉野村の丹生川上神社中社はとても古く由緒ある神社。狛さんは小柄だが牙を剥いたイカツい顔
「阿」はコンパクトデジカメでは撮りづらい位置にいる。こちらもいい表情
願いをかける木の梟。素朴な表情がなかなかヨイです。頭がへこんでるのは撫でられすぎたせい?


「緊縛狛さん」なんていうと祟られそうだが、巻きついたツル系植物のせいで崩壊を免れているような…
これは徳島型と呼ばれるらしい。オスの阿には何もなかったがメスの吽の股間には女性器らしき亀裂がありました
で、阿の股間にも吽の股間にもほぼ同じ位置になぜかアマガエルが1匹ずつ。これは左隣の阿の股ぐら


首切り地蔵尊とはおどろおどろしい。平家都落ちの際に惨殺された人たちを哀れんで祀ったのが始まりだとか
こじんまりとしているが社がかっこいい白鹿神社。狛さんは汚れ気味でどこが何やら写真写りが悪い
大歳神社の吽は横から見るとカッコいい。流れるたてがみが素敵だ


しかし正面から見るとややブサイク。でも伸び上がってじゃれてる子獅子がやけにかわいい
阿も正面から見るとややブサイク。この角度が一番かな。こちらは玉取りで口の中にも玉を入れている
その阿はチ○コ付き。首切り地蔵尊からここまでは、某竿屋さんからの帰りに寄り道して見物してきました


福山の吉備津神社内の十二神社の石段。厄除けの幟が続く
吉備津神社内の十二神社の干支たち。統一感がないので△。特に馬はダメ!
女性や子供はかわいいというかも。でも神さまを祀る場所なので威厳を求む


上の干支の並びに寅がいないと思ったら特別席に
吉備津神社内の桜木神社の狛さんはカラーコンタクトのようなグリーンアイ
吉備津神社本殿前には玉乗りと備前焼きが鎮座。そろそろ備前も「狛やん」なみに見飽きてきた…


福山市新市町の素盞嗚神社。平坦で広がりのある境内が平静を与えてくれる感じ。ここの城門に奇跡の狛さんがいるというので見物に行ってきました
鳥居をくぐると山門前の愛想のよさそうな狛さんが「やあ!」と笑顔で迎えてくれます
耳元まで裂けた口で「にひっ」と微笑む、ヒヒ顔の「吽」。本殿前にも玉乗りがいるがここの名物は下のヤツら!


神社の外周を歩いていると、城門の両側に奇跡的なバランスで立つ「阿」と玉乗り逆立ちの「吽」が
飛びかかる「吽」。犬のように喜んでチンチンしてるようにも。そのせいかチ○コ付き。「吽」なのにオスだ
石工さんに自信がなければこんな形はとるまい。長崎県にも似た狛さんがいるという話を聞いたことがあります


「阿」も片足で逆立ちするという意味においては奇跡のバランス。玉が狛さんの体重でひしゃげている(笑)
横顔はなかなか楽しそうだ。玉を守ってるというより玉で遊んでるようにしか見えない
裏から見るとなんともキュート。短い足とぽっこりお腹が◎。2010の年間No.1候補


生物など

バンがヒシの中をうろついている。嘴から額の赤が特徴。ヒナのブサイクさは鳥類中かなりの高ランキングです
ミヤマアカネがウチに来た。まだ黄色いが赤く染まると数あるアカトンボの中でもかなりの美しさです
ベッコウバチがクモを狩り麻酔をかけて巣穴に連行中。クモはベッコウの幼虫のエサになります


マイマイカブリ。こいつは羽化したてなのか体も柔らかく動きも鈍かった。悪臭攻撃もされず
新家の腰に張りついたヤマビル。違和感があったので吸血直前に発見。たまたま座った岩周辺にいたらしい
血液凝固阻止物質「ヒルディン」を分泌しながら吸血するのでヒルが放れてもしばらく流血(足モ:コウヘイ君)


冷たい沢に逃げ込んだマムシ。そのため体温が低下し動きが鈍りました。
沢から引き上げて岩の上で撮影。けっこういいサイズで全長55cm強でした。毒ヘビなので扱いは慎重に…ってマムシを捕まえて遊ぶ人はおらんか…
熱帯夜は台所の窓際で寝る。暑さのせいで非常に愛想が悪い


イワタバコがあちこちに咲いていました。花は絵に描いたような星形
ヒメレンゲの花も星形。名前はレンゲだが、あのレンゲとは全く別モノ
マタタビ。写真ではすこしわかりにくいが、こんなふうに葉が白くなる