• 月刊Whiplash
  • PHOTO CORNER
  • SOUND CORNER

PHOTO CORNERvol.47

WHIPLASH STYLE
雨に祟られました

天気予報より11時間以上早まって梅雨前線が北上。のこのこと釣りに出かけてた自分は数年振りに雨の中でライギョ釣りをする羽目になりました。数は出ませんでしたが不思議とヒゲモノにも邪魔されず。


なぜかこの日は黒いの中心。これは雨の中、ここ数年で最も派手な出方をして驚かせてくれました。引きも上々
別の池でも黒々したのが出ました。これもよく暴れました。
あまりに降るので賽銭入れて参拝してから軒を借りました


またしても雨に祟られました

オーナマ・リベンジに向かったのですが、集中豪雨をくらってしまいました。雨後は活性上がるかなと期待していたのですが、どうもそのエリアにはお魚さんがいなかったようで…。で、あちこちうろついて完全日没の前にお子ちゃまを1本。


集中豪雨で道がたちまち池や川に変身しました。この後いっそうヒドくなったので車に避難
自己最小記録魚が遊んでくれました。そりゃ小さくてもうれしいけど。J-13がデカく見えるなあ
帰りにライトアップされた天ケ瀬ダム見物に寄り道。「ダム萌え」の人にはたまらないかも


その他お魚など

岸際に産卵床があったのでコンパクトデジカメのSマクロモードで撮影。この巣にはちゃんと親魚がいました
リリースしたのに逃げないヤツ。うかつに近づくと水をかけられるのはわかっているのだが、つい…
今は60cmちょっとのチビだが、このまま大きくなったらズ太く強い魚になりそう。将来に期待


異端系プロトロッドが届いたので手っ取り早く近所の瀬のマナマズに使ってみた。こんなのでは相手にならん!
   


今月の狛犬など

意外にも隣市(北東)に玉乗りタイプがいました。バランスのとれた尾道型
阿吽ともに玉には子獅子が張りついてます。この神社の他の2対は浪速型
子獅子がめっちゃかわいい。吽の方の子獅子は親を見上げています


木製のがいるということで見物に行った二村神社。拝殿前のは「こまやん」で落胆。先代はこうやって仲良く隠居
拝殿に木製狛さん発見。しかしコンパクトデジカメでは遠いし、夕方で光量が足りないためボケてしまいました
二村神社内の八幡神社には石製の鳩もいました


さらに二村神社内八幡神社には正体不明のモノも。狛?牛?『山海経』に出てくる怪物みたいな気も
何があったのか「ええっ!?」とばかりにえらく驚いているのは酒垂神社の狛さん
太くていかつい玉取り狛。参道でどっしり構えてました(発見:珍「わ」)


その他のモノたち

ひさしぶりにウチのドネコが野生化し、アブラコウモリを捕獲して持ち帰ってきました
小さな口を開けて「チチチチ…」と鳴いて威嚇。傷をまったく負わせてなかったので、無事リリースできました
普段はこうしてダレきっているが、ハンティングアニマルの本能はしっかり残っているようだ


毎年梅雨になると溝を伝ってアライグマが出現。溝板の上でのうのうと毛づくろいしている。計4匹のファミリー
居着かれたら困るので「あっち行け」と手を振ると「何かくれるんかい?」と寄ってきた。アホか?
こうして見るとかわいいが…。写メを送ると某女子が「タヌキさんだー」と誤認。キミもアホか?


シジュウカラがヒロヘリアオイラガの幼虫を捕らえた。あの毒針くらっても大丈夫なのだろうか?
接近しても逃げなかった。ちなみにウチのあたりのカラスはハシブトもハシボソも黒くて長いレンズを嫌う
 


はみ出しコロンビア

先日同行者ナオキスタン氏とFRA・K氏から写真データをいただいたので、どうでもいいものを少し…。


ビタ川で水浴中。左からカナディアン・ビーバー氏、グアノ、新家、ナオキスタン氏
泳ぐアホウに見るアホウ。バタフライで泳ぐナオキスタン氏
ナオキスタン氏のように泳ぎは華麗ではないので飛び込んでみた


オリノコ川の中洲、滑らかな溶岩帯の丘を歩く新家&ナオキスタン氏
夕食用のパヴォンを解体&血抜きする。ここはピラーニャがいないので騒ぎが起きない
店先に吊るされたブタ見物に行って、おねーちゃんにクスクス笑われるFRA・K氏