• 月刊Whiplash
  • PHOTO CORNER
  • SOUND CORNER

PHOTO CORNERvol.36

WHIPLASH STYLE
1カ月ぶりに渓流に行ってきました

再びコーヘイ夫婦と渓流釣りに行ってきました。小型のアマゴばかりでしたが数はそこそこ出たので、まあよかったんじゃないでしょうか。曇ったり小雨が降ったりの天気で、ただでさえ滑りやすい石や岩がいっそう滑りやすくなっていました。魚以外にも「イイモノ」いましたよ。ヘビが苦手な人は見ないほうがいいかも。


小雨に煙る沢は幽玄な雰囲気をかもしだします。人影はコーヘイ夫婦
曇天で見るアマゴの柄はしっとりして、それはそれで独特の美しさです
流れの緩い浅場ではタカハヤがルアーをチェイス。で、ノってしまいました


林道の一部にヘビが集結。マムシにのっかられて迷惑そうなヤマカガシ。このヤマカガシは大物で推定130cm級
アオダイショウを撮っていると出しゃばりのマムシ(左同)が「ワシも…」
*右端に顔が少し。わかるかな?
これは別のマムシ。人を見るなり体をぺったんこにして首をもたげて警戒体制。棒切れでからかうと噛みせず退却


脱皮前のアオダイショウ。たいていのヘビは脱皮前に目の部分の皮が浮いて目がブルーに見えます
新家的にはカメムシよりもニオイのイヤな昆虫が、このマイマイカブリとオサムシ類です
ヤマビル。俺の血にありつこうと方向転換をしたところ


ロッドテストという名目で…

名目どころか、あれこれ試しながらマジメにテスト釣行というカタチで、釣りをしております。夕方少しだけだけど…。


悪くはないサイズですが、まだパワーも重量感も不足。草の上に置いたのに水に帰ろうと這い出してきました
しっかり太ってるし、ヒシやウキクサを撒き散らしてよく暴れてくれましたが、いかんせん…
すごくクリアな池の斑紋がくっきりした個体。ここの魚はほとんどこんな感じ。大型魚はいないけど…


ブッシュ内で偶然フックアップしてしまった今年最小のカム。わかってたら絶対釣らないんやけど…
これもまた前ブレなしでルアーをひったくったので、反射的にアワセてノセてしまいました。幼魚虐待を反省
クチビルとデコ、ほっぺたの膨らみが◎。こういうのが1本出ると、思い残すことはないので釣場を去ります


こうなるとライギョまんが来なくなるので、貸しきり状態です。残念ながら小型しか出なかったけど
最近いろんな場所で見かけるようになったアカウキクサ。冬に赤いのがフツーなのでは?これも外来系?


その他諸々

新家を襲撃したヌー。「ワシ、なんもしとらんで」とケツを向け何食わぬ素振りで草を食っている
かねてから所有のヌー成獣の頭骨。襲撃された腹イセに骨格標本にしたのではない。門歯は3cm以上あります
家の中にサツマノミダマシ(クモ)が紛れ込んでいました。腹部がサツマの実(ハゼの実)に似ているのが由来


サギソウが咲きました。宝塚の山中の小規模湿原に野生のが少しありましたが、今はどうなったことやら…
最近やたらとセミを捕獲するウチのドネコ。軽くくわえて持って帰るので、9割方は無事リリースできます