• 月刊Whiplash
  • PHOTO CORNER
  • SOUND CORNER

PHOTO CORNERvol.24

WHIPLASH STYLE
竿のテストやら何やらに

クソ暑いのでまったく気は向かないのですが、竿のテストということもあり、仕方がなく(?)ライギョ釣行。 当然水の中もクソ暑いわけで、少しでも魚にとって快適そうなポイントを選んでキメ打ち。 それでもたまにポツリとしか出ないわな。というわけでちっと涼しくなってくれないと…。


クソ浅い流れ込みのヒシとハードブッシュの隙間についていました。 草で腹部が隠れて細く見えますが、実物はけっこう丸々。
こひさしぶりにライヒーを釣ってみました。 連日の暑さのせいか活性はかなりダメダメ。
たまに釣り場で見かけるネジバナ。 昔から好きな花のひとつ。俺は雑草の花の方が好き。


テスト以外にはこんなことしてました。


サバのかわりにタチ少々。俺が釣ったタチも天然ドラマーの腹に入り、 ヘンなパワーの源になったもよう。
ロッドの他、ルアーも少し作りました。昨年からのと合わせるとこんな数に。 これらは全部自分専用で日本以外の魚用です。
初めてシロヒレタビラを釣りました。 最初は珍しがっていたのですが、よくよく目を凝らすとクリーク内にたくさんいました。


最近イジったロッド3本。まん中のは近日出かける旅行にも持参予定。 で、そのターゲットとは…?ま、どうでもいいか。
池の草は全滅してるし、犬にやたらと吠えられるし、カブトのメスはケツをつついても顔もあげないし…。 仕方なく釣りもせず帰る。
干潟の泥に足をとられもがく森田氏。 バケツの上にはちゃっかりビールが。さらにバケツの中にも。まだ朝の8時なのに…。


ナマズポイント。明るいうちは堰堤下落ち込みの白泡内、 薄暗くなるにつれて瀬上の浅場に移動する傾向があります。
堰堤下で明るいうちに出ました。 時間がなく手軽に何か釣りたい時には、近所の川でマナマズ釣り。
このポイントにしては、けっこういい型のマナマズ。 ここでは丸々と太った95cm超級のコイがそこらを徘徊していました。 いつかアレを釣ろうと思います。これにて旅行前の「釣り勘」調整終了。