• 月刊Whiplash
  • PHOTO CORNER
  • SOUND CORNER

PHOTO CORNERvol.19

WHIPLASH STYLE
解体&EATのすすめ

ルアー釣り中心の釣り人は、魚を捌く機会は少ないと思います。特にバスやライギョ・オンリーという人の中には、魚を捌いた経験がない人もいるかも。かくいう俺も経験を積んでるというほどでもなく、ま、ガキの頃からハゼやセイゴやらの内臓除去程度(←もちろん食用にする魚の)には慣れていたが、頻繁にやるようになったのは、ここ数年渓流の釣りを始めてからです。食用に数匹持ち帰ることがあるので、それらの解体をやるからです。当然胃の内容物はチェックします。たいていの場合、入ってるのは昆虫類だけど。時には「こんなモンまで食ってんのか!?」と驚くこともあります。そしてその渓流を中心とした地帯の生態系の一部を体感するわけです。むやみに釣って、全部持ち帰って食うというのはおすすめしませんが、海でも川でも食う魚は正しくシメて、解体して勉強して、それからありがたくいただくというのもアリでしょう。なお、イワナには多数の寄生虫がいるそうなので、今年は気をつけて解体しようと思います。まずはイワナナガクビムシからチェック。


野営する時は流木を拾ってきて、生木にさした魚を遠火で焼きます。寄生虫より十倍ほど気持ち悪いのは、イワナの胃から半溶けのカジカガエルが出たケース。
イワナの寄生虫にかんして知るきっかけは目黒寄生虫館。写真は寄生虫館の案内書とポストカードと定規、携帯クリーナー。
これは携帯クリーナー。同じようなデザインのサナダ立体プリントTシャツも販売されています。着るには勇気がいるかと。