• 月刊Whiplash
  • PHOTO CORNER
  • SOUND CORNER

PHOTO CORNERvol.16

WHIPLASH STYLE
寒いから来春まで釣りはパス

 寒いからという理由だけではありませんが、いろいろあって釣りは来春までやらないことになり、しばらく冬眠に入ることにしました。「管理釣り場とかに行けばいいのに」というお勧めもいただきましたが、主義として管理釣り場には行かないことにしているし、人の多い場所で釣りをするとイラついたりムカついたりして、特にマナーのなっとらんヤツがいたりすると狂暴化する可能性がありますので、お誘いいただいてもお断りするしかありません。「渓流の小さいアマゴやイワナより、はるかにデカイのいますよ~」と言われても、俺は養殖ドナちゃんより山岳渓流のワイルドやネイティヴの小さいアマゴやイワナのほうが好きなんで。飼われている大物より、小さくても野育ちが好きなんで。だから渓流でも放流されてない上の方までのぼったりするわけで。

  で、冬眠前の最後の釣りは12月2度目の週末のメバル釣り。前の晩から体調不良で土曜の昼には熱が38度ほどあったにもかかわらず、いろんな手段で熱を下げ、出発の21時にはとりあえず37度程度にまで落としました。でも寒い屋外に出ると当然のことながら体調不良はブリ返し。釣りしてても時折異様な悪寒が走るし、胸のあたりがムカムカするし、視界はボヤケるし、足は地面への接地感がなくなるし…。ホンマにヤバイと感じたので、同行者に無理を言って、結局2時間弱で釣りを切り上げました。全体的に食いはシブイしメバルはあまり出なかったものの、いいポイントでは1投目からマアジが食ってきて、小気味よい引きを味わわせてくれました。早朝に家に帰り、片づけごとを終えてから熱を計ると39度ありました。そんな熱の状態でも、アジの刺身やタタキは旨かったです。
健康な状態なら数倍旨かっただろうな…それがすごく心残りです。

[当日メバル&アジ・タックル]
ロッド:SALTIST月下美人のST-RF 712X-T(Daiwa)
リール:LUVIAS 2000(Daiwa)+フロロ3lb
ルアー:月下美人ビームスティック2.2"…パール, オーロラ(Daiwa), じゃこまろ1.5"…パール系夜光(Fina), スクリューテールグラブ1.5"…夜光シルバーラメ
ジグヘッド:まっすぐ2.0g&ストロングまっすぐ2.5g(Fina), メバル流れ弾1.7g&2.2g(Cultiva)
 
2008年の初釣りは3月頭の渓流解禁か、2月末に暖かい日があれば近所のバスかマナマズといったところです。


なんか間延びした顔。スズキ(サイズはハネ)の割に口が小さいのか?どことなくウケクチウグイみたいな…。都市部のなんてことない中規模運河にて。
釣って救出したマナマズ。あの小さな水溜まりで冬を越すのはいろいろ厳しいもんな。恩返しとかしてくれるかな?この顔じゃ期待できねえな。後ろのZILLIONは当然バスにも多用してます。
釣果の一部。洗った魚から順にフネに載せていると、匂いを嗅ぎつけて邪魔が入った。まったく油断も隙もないウチのネコ。
これは07年の解禁直後の初イワナ。大きくなくても1本目は妙に印象的なので、どんな魚種でも必ず写真を撮ることにしています。08年はどんなのが出るのか、今から楽しみ。
場所のわりにはまあまあ納得できるのも出たし、これから寒くなるし、運河のスズキも一段落。
BP氏との釣行後に出た1本。
表に出てないのでライギョ釣りをやめてるとか、ウデが落ちてるとか勘ぐる人もいるが、国内遠出ゼロ、少ない回数&短い釣り時間(平均2~3時間)ながらこのぐらいの大型魚は複数釣獲。年末特別放出!